青春任侠ドラマ「すじぼり」オリジナルサウンドトラック

FDUR0011

青春任侠ドラマ「すじぼり」オリジナルサウンドトラック 12月25日発売

(FDUR0011)

「東京難民」や「侠飯」等、数々のハード作品を手掛ける福澤徹三の原作「すじぼり」(第10回大藪春彦賞受賞)が、ギャラクシー賞「スカム」を監督した小林勇貴により映像化。

小林勇貴監督と作曲家中川孝による息の合ったコンビが任侠ドラマでもその手腕を発揮。

大学生・滝川亮は彼女の菜奈や友人の和也、祥平たちと、ただ過ぎるだけの日常を過ごしていた。ある日、和也に誘われて「クラブ13」に大麻を盗みに行く亮だったが、店の半グレたちに見つかってしまい、たまたま速水総業の組長・速水晃一(高橋和也)に出会う亮は、彼に助けられた事で速水総業でアルバイトをすることとなった。しかし、和也たちの起こしたトラブルが原因でやくざの組同士の抗争へと巻き込まれていく…オープニングにはROSが歌う主題歌「RUN TO GLORY」を。また、挿入歌にELADYSUNの「夏の花」を。エンディングでは主演、藤原季節と小林勇貴監督とのRAPによるコラボ曲「WHAT GOES AROUND, COMES AROUND」を収録。(商品発送は12月25日から)

 

PayPayでのお支払いはこちら

在庫状態 : 在庫僅少
¥2,500 ¥2,500
数量